人と企業をつなぐ それがCSRの役割です。

今すぐ挑戦!CSR検定

CSR講座の内容に対応した問題が毎月10題掲載されます。

■出題日 2018/09/01
■出題数 10題
■採点基準 正解が5~6 3級、7~8 2級、9~10 1級

問題

1:  CSRは、「心がこもっていること」が大事である。 正しい
正しくない
2:  経営理念は、CSRにとってはむしろ邪魔である。 正しい
正しくない
3:  効果的なCSRのためには、末端の従業員に至るまで、CSRの知識や取組みの方針などが徹底されていることが必要である。 正しい
正しくない
4:  企業内におけるCSRのための価値規範は、企業文化ではない。 正しい
正しくない
5:  地域を視野にCSRに取組んでいても、地域志向CSRとは言わない。 正しい
正しくない
6:  特定の地域にステーク・ホルダーが多数いる場合、地域志向CSRへの取組みが有効である可能性が大きい。 正しい
正しくない
7:  地域志向CSRで言う地域とは、特定の行政区画のことを言う。 正しい
正しくない
8:  地域ステーク・ホルダーのどの程度を包摂する範囲に働きかけるかは、事業体によって異なる可能性が大きい。 正しい
正しくない
9:  ステーク・ホルダーの主要属性に地域性がない場合、地域志向CSRを選択する必要はない 正しい
正しくない
10:  地域性比率とは、CSR全体に占める地域志向CSRの割合である。 正しい
正しくない