人と企業をつなぐ それがCSRの役割です。

CSR活動の紹介

株式会社景観プランニング

株式会社景観プランニング
代表取締役 阿久津 純一
平成20年度認証
業種 建設業
住所 宇都宮市小幡1-3-16
℡:028-650-3030 Fax:028-650-3034
E-Mail: info@keikan-planning.com 
HP: http://www.keikan-planning.com/
取材日 平成23年5月
 宇都宮の美しい景観づくりに寄与する建設コンサルタント企業です。子ども医療施設や老人福祉施設の園芸活動や小・中学生が書いた水・環境の作文とアーティスト共作事業である「ざぶん賞」への協力など、街づくり・人づくりに積極的に取り組んでいます。

景観プランニングのみなさん 「花咲jii」植栽作業

CSR活動について①

(「花咲jii(はなさかじい)」の活動についておしえてください。)

「花咲jii」の「ji」は自治の「自」・慈しむの「慈」。 「i」は医療の「医」。
「花咲jii」は慈しむ医療のサポート,ひと時の癒しの空間作りを行う団体です。

景観プランニングは,平成18年から自治医科大学とちぎこども医療センター園芸ボランティア「花咲jii」の事務局として,月1回子ども医療センターの緑と花づくりを行ってきました。
立派なセンターの建物や設備に負けないくらい,周囲に明るく楽しい庭を作ることで,
病気と闘っている子どもたちや,子どもたちをサポートする医療関係者を励ましたいとの思いで,この「花咲jii」の事務局となりました。
季節の移り変わりを感じながら生活することは心身にとってとても大切なことだと思います。病院の中にいてもそれを感じられるよう,暑い時期も寒い時期も(1月を除き)ボランティアや病院関係者のみなさんと,季節の草花を欠かさないよう草花の手入れをしています。
活動は日本造園修景協会栃木県支部,栃木県造園建設業協会との共催で行っていますが,多い時には70人近くの市民ボランティアが活動のため集まってくれます。年代も職業も様々ですが,特に参加の多い団塊世代の方々を中心に,賑やかに活動をしています。時には市外の知的障がい者施設の方々が来てくださることもあり,多くの方にご賛同いただいているこの事業を,人との繋がりの大切にしながら続けていきたいと考えています。
月1回の植栽のほかにも,自治医科大学に入院しているお子さんや,親御さんが一緒に参加できる,ふれあいイベントを催すこともありますが,大変好評でした。

「花咲jii」ボランティアのみなさん

CSR活動について②

(「ざぶん賞」についておしえてください。)
「ざぶん賞」とは生命の源である「水」をテーマに,「命」や「自然」の大切さを理解し,行動できる人を育てることを目的とした全国規模の事業です。毎年小・中学生を対象に,水環境をテーマにした文・詩・手紙などを公募し,文書選考後,受賞作を表彰式で発表しています。
入選作文にはプロのアーティストが,それぞれの内容にあった挿絵や額装を行い,世界にひとつのオリジナル作品が出来上がります。入選作品を展示する「ざぶん展」の後,作品は子どもたちにプレゼントされるのですが,子どもたちからも親御さんからも,一生の記念になると大変喜ばれています。また,入選作品は文庫本「ざぶん庫」となり,図書館や学校へ配布しています。
私たち景観プランニングは,栃木支部として,学校への案内,応募作品のとりまとめ,表彰式運営のお手伝いなど,裏方として「ざぶん賞」に携わっています。
平成22年度は6,084点のご応募をいただきましたが,栃木県内からは約500点のもの作品が寄せられました。この数は全国的にも多く,栃木の子どもたちが,「水」や「自然」等身の回りの環境問題に高い関心を持ち,その問題に向き合ってくれていることを,事務局としては大変嬉しく頼もしく思っています。

「ざぶん賞」

これからのCSR活動について

(今後の目標についておしえてください。)
私達は,「環境」・「教育」・「健康」がこれからの日本を支える大きなテーマになると考えています。美しい街の景観や公園づくりを行う我が社は,これらのテーマと近い場所にいることから,今後とも「環境」を軸とした,自分たちらしい取組みを続けていければと思います。
 「花咲jii」の事務局として,ボランティアの方々と協力し「日本一きれいな子ども病院づくり」を目指し,「ざぶん賞」の支部として,子どもたちの環境に対する考えを深める支援をする。周囲との繋がりを大切にしながら,自分たちにできるCSR活動を続けていきたいと考えています。

「ざぶん賞」受賞作品

2011.10.18

CSR活動の紹介一覧